APRESIA Systems、トレンドマイクロ製品とセキュリティソフトで連携

APRESIA Systems、トレンドマイクロ製品とセキュリティソフトで連携

画像提供:マイナビニュース

APRESIA Systemsは6月1日、セキュリティ連携用ネットワーク管理ソフトウェア「AN-ThreatBlock(AN-TB)」と、トレンドマイクロのSDN連携セキュリティ対策製品「Trend Micro Policy Manager(TMPM)」を連携したサイバー攻撃対策ソリューションを発表した。提供開始は2017年第2四半期を予定している。

近年のサイバー攻撃は、特定の組織を狙う標的型攻撃を中心とした巧妙な手口により、情報流出する被害が発生している。サイバー攻撃へのセキュリティ対策として、脅威の侵入防止対策に加え、万一の場合に被害の早期検知および迅速な初動対応により、セキュリティ被害を最小限に抑えることが重要だという。

AN-TBは、セキュリティ製品と連携し、動的なネットワークのアクセス制御が可能なソフトウェア製品。また、従来のネットワーク技術を使用するため、ネットワークインフラを大きく変更せずにネットワーク制御の自動化や運用効率化を実現する。AN-TBのネットワーク制御機能と、トレンドマイクロ製品による未知・既知の脅威検知を連携することで、サイバー攻撃を検出した際に自動で初動対応(不正通信の隔離/遮断)を行える。マルウェア感染などの被害にあった場合でも、迅速にネットワークから不正な端末を隔離することで、感染の拡大や二次被害を防止する。
(山本明日美)

関連記事(外部サイト)