"攻め"のIT経営を行う中小企業百選 - 経済産業省

"攻め"のIT経営を行う中小企業百選 - 経済産業省

画像提供:マイナビニュース

経済産業省は31日、2017年度のIT経営中小企業百選を発表した。2015年の33社、2016年の27社に今回新たに加わった40社。3年間計100社の選定で「攻めのIT経営中小企業百選」となる。

IT投資が社内の業務効率化やコスト削減を中心とした"守り"に対し、IT活用による製品・サービス開発強化などITを活用したビジネスモデル変革を通じた競争力を目指すのが"攻め"のIT投資。攻めのIT投資は"チャレンジ"でもあるはずだが、「攻めのIT経営中小企業百選」で選定されている中小企業100社は、新規分野の開拓や価値創造を行い売上や利益拡大など成果を見せた中小企業となる。

同省では海外企業では、積極的に攻めのIT投資を行う企業も多く、今後我が国企業においても攻めのIT投資・利活用をさらに進めていく必要があるとしている。公開PDF資料には、選定中小企業のITを活用した実際の取り組みや成果が具体的な事例として記されている。地域や産業も多様な中小企業の活用成果事例は、機知に富んでおり参考になる。

「攻めのIT経営中小企業百選」
2017年「攻めのIT経営中小企業百選」選定企業の概要(PDF形式:4,559KB)
2016年「攻めのIT経営中小企業百選」選定企業の概要(PDF形式:3,311KB)
2015年「攻めのIT経営中小企業百選」選定企業の概要(PDF形式:2,945KB)

なお、3年にわたる攻めのIT経営中小企業百選の選定企業一覧は以下の通り(事例集「攻めのIT経営中小企業百選」事例集 掲載番号順)。
(長岡弥太郎)