アライドとウォッチガードがSESとFireboxシリーズの連携を発表

アライドとウォッチガードがSESとFireboxシリーズの連携を発表

画像提供:マイナビニュース

アライドテレシスとウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは5月31日、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN」(SES)」と、ウォッチガードの統合セキュリティアプライアンス製品であるFireboxシリーズと連携し、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを提供していくことに合意した。現在、2017年7月までにサービス提供を目指し、共同開発検証を行っている。

WatchGuard Fireboxシリーズは企業のネットワークセキュリティ対策に必要なセキュリティ機能を統合した多層防御により、高いセキュリティ機能を実現し、マルウェア・ランサムウェア対策、不正侵入検知・防御、迷惑メール対策、標的型攻撃対策などさまざまな脅威を防御するという。

アライドテレシスのSESは、SDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理にかかる工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現する。すでに、IT資産管理システム、ネットワーク脅威検知システムと連携している。

今回、プロキシ経由構成においてもクライアントの送信元IPアドレスを特定通知することができるFireboxシリーズ(Fireware OS 11.12以降)との連携により、次世代ファイアウォール機能のウイルス対策(GatewayAntiVirus)、レピュテーションセキュリティ(Reputation Enabled Defense)、URLフィルタリング(Web Blocker)、標的型攻撃対策(APT Blocker)などで検出した感染端末の通信をエッジスイッチにて遮断・隔離し、拡散防止するといった情報漏洩ソリューションを提供する。
(辻)

関連記事(外部サイト)