Gmail、機械学習ベースで精度99.9%超のフィッシング詐欺検出機能

Gmail、機械学習ベースで精度99.9%超のフィッシング詐欺検出機能

画像提供:マイナビニュース

Googleは5月31日(米国時間)、「Dedicated Machine Learning Behind Early Phishing Detection in Gmail|Threatpost|The first stop for security news」において、Gmailに機械学習を利用してフィッシング詐欺メールを検出する機能を追加したと伝えた。99.9%を超える精度でフィッシング詐欺メールやスパムメールを判定して、ユーザーに見えないように処理してくれると説明がある。

Googleはこれ以外にも、転送中のメール暗号化を実現するためのホストS/MIME機能、データ損失防止機能、メールボックス間で暗号化がサポートされていない場合や認証されていないメッセージに関して警告を実施する機能などを追加したと伝えている。

サイバー攻撃のとっかかりとしてマルウェアに感染させるため、依然として電子メールが使われるケースが多い。Gmailは大量のメールを扱っているが、その50%から70%ほどはスパムメールやフィッシング詐欺メールとされている。したがって、99.9%以上の精度でこれらメールを検出できる機能は多くのユーザーにとって恩恵となる。

GoogleはGoogle Chromeで活用しているセキュリティ技術なども加えてGmailのセキュリティ機能を強化している。Gmailを業務に利用している企業も多く、Gmailのセキュリティ機能の強化は多くのビジネスマンにとって価値がある。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)