なぜかWindows NTが2カ月連続で増加 - 5月OSシェア

なぜかWindows NTが2カ月連続で増加 - 5月OSシェア

画像提供:マイナビニュース

Net Applicationsから2017年5月のデスクトップOSシェアが発表された。5月はWindowsとLinuxがシェアを減らし、Macがシェアを増やした。バージョン別に見ると、Windows 7とWindows 10がシェアを増やし、Windows 8.1、Windows XP、Windows Vistaはシェアを減らした。また理由は不明だが、なぜか2カ月連続でWindows NTがシェアを増やしている。

5月はWindows XPのシェア減少が大きく、Windows 8.1に続く4位へと順位を下げた。しかし、Windows 8.1もシェアが下落する傾向が続いており、今後長期にわたってともにシェアを下がり続けることが予想される。一方、Mac OS X 10.12は増加傾向を見せており、ある程度この動向が続いたあとにMac OS Xがバージョン別で見ても第3位に浮上してくる可能性が見えてきている。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)