2017年第1四半期国内携帯電話出荷台数、第1位はアップル

2017年第1四半期国内携帯電話出荷台数、第1位はアップル

画像提供:マイナビニュース

IDC Japanは6月1日、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2017年第1四半期(2017年1〜3月)の出荷台数を発表した。

2017年第1四半期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比9.0%増の879万台となり、2015年第1四半期の917万台に迫る出荷台数を記録した。2016年第1四半期以来の出荷台数の落ち込みは回復基調にあるという

回復基調にある市場環境において、アップルは426万台のiPhoneを出荷し、前年同期比6.3%増となった。同社は国内携帯電話市場で48.4%のトップシェアを維持しており、日本市場での圧倒的な強さを保っている。

2位はKDDI、ソフトバンクの2社にローエンドモデルを中心に多くの供給を行った京セラが入り、3位には各キャリアに満遍なく出荷を行い、ヤフーモバイル向け「Android One S1」が堅調な出荷を記録したシャープが入った。

従来型携帯電話の出荷台数は27万台で、前年同期比82.0%減の大幅な縮小となった一方、スマートフォンは851万台の出荷で、前年同期比30.1%の成長となった。

スマートフォン市場をベンダー別に見ると、アップルが50.0%のシェアでトップとなった。これに、携帯電話市場と同様、京セラ、シャープが続いた。

そのほか、MVNO事業者向けに出荷されることの多いSIMフリーモデルは76.6万台となった。
(辻)

関連記事(外部サイト)