デジタルアーツ、i-FILTERとアライドテレシスの「SES」を連携する製品

デジタルアーツ、i-FILTERとアライドテレシスの「SES」を連携する製品

画像提供:マイナビニュース

デジタルアーツは6月2日、Webフィルタリングソフト「i-FILTER(アイフィルター)」と、アライドテレシスのSDN/アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」を連携させ、SDNによるネットワークセキュリティの強化ソリューションを2017年7月の提供開始を目指し、共同開発検証を行なっていくと発表した。

i-FILTERはプロキシ型のWebフィルタリングソフトであり、Ver.9では101のカテゴリのデータベースを内部に保有している。

そのカテゴリの1つである「脅威情報サイト」には、マルウェアに感染した端末が悪意のあるサイトにアクセスする通信先のURL・IPアドレスを含んでおり、通信を検知した際にはその通信をブロックすることを可能としている。脅威情報サイトはLAC/FFRI/NICTと提携し、1日1回データベースを更新している。

一方、SESはSDN技術をエンタープライズ市場に適応させ、企業向けアプリケーションとネットワークを連携/連動させることにより、ネットワーク運用管理に要する工数/コストの削減、およびセキュリティの強化を実現するソリューション。

両者の連携により、マルウェアに感染した端末からの脅威情報サイトへの通信を検知した際には、SESにメール通知しエッジスイッチにて対象端末を遮断・隔離することが可能としている。

脅威の検知から拡散防止、通信のブロックまでをワンストップで実現可能な情報漏洩ソリューションの提供が実現するという。通信遮断のメール通知はi-FILTER側でユーザーが設定し、検疫隔離ポリシーを自由に設定が可能。

両社は、今後ますます脅威となる標的型攻撃における防御・対応ソリューションを迅速かつ、広範囲に開発・提供し、インターネット社会に対して安心と安全を実現すべく、更なる製品満足度向上を目指す考えだ。
(山本善之介)

関連記事(外部サイト)