クラウディアン、HyperStoreの自動階層先にGoogle Cloud Platformを追加

クラウディアン、HyperStoreの自動階層先にGoogle Cloud Platformを追加

画像提供:マイナビニュース

クラウディアンは6月5日、SDS(ソフトウェア デファインド ストレージ)製品「CLOUDIAN HyperStore」の自動階層化先に、Googleが提供するクラウドサービス「 Google Cloud Platform(以下、GCP」が加わり、オンプレミス設置のCLOUDIAN HyperStoreストレージとGCPのクラウドストレージサービスを連携させるハイブリッドクラウドとして活用できると発表した。

CLOUDIAN HyperStoreの自動階層化機能は、期間等のポリシーに基づき、ファイルを格納するバケット単位でGCPのクラウドストレージサービスにファイルを転送できるもの。

これにより、?用頻?の多いデータはオンプレミスから読み出し、頻?の少ないファイルはGCPに保存することによる読み出し性能向上、長期保存ファイルをGCPに転送してアーカイブ、オンプレミスとGCPのストレージを共通の名前空間で統合管?し全体格納容?拡張、オンプレミスに保存するデータをGCPに転送することによるデータの分散保管などの用途で活用できるという。

同社では、CLOUDIAN HyperStoreの自動階層化機能により、共通のアプリケーションを使い、同じ操作環境でありながら、データの種類と目的に応じてオンプレミスのストレージとクラウドのストレージサービスを使い分けることや、災害?旧(DR)や事業継続(BC)に対する信頼性を高めるため、クラウドをオンプレミスのバックアップやアーカイブ先に使うといったハイブリッドクラウドをシンプルに構築し、運用できるとしている。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)