マクニカネットワークス、品質改善や納期短縮を促進するCI/CDツールを提供

マクニカネットワークス、品質改善や納期短縮を促進するCI/CDツールを提供

画像提供:マイナビニュース

マクニカネットワークスは6月5日、ソフトウェア開発において品質改善や納期短縮を促進させる米Circle Internet Services製のCI/CDツール「CircleCI(サークルシーアイ)」を提供開始したと発表した。

同サービスはCI(継続的インテグレーション)ツールおよびCD(継続的デプロイメント)ツールとして、世界で10万人以上の開発者が利用するクラウドサービスを自社インフラ上に構築して利用できる企業向けソフトウェアだ。

ソフトウェア開発における環境構築やビルド、テストを自動化するCIツールを開発工程に取り入れることで開発者の作業を減らして生産性の向上を実現し、ソフトウェアの本番環境への適応を自動化するCDツールを開発環境に取り入れることでソフトウェアリリースのプロセス全体を自動化できるという。

特長としては、1つのビルド要求に対してオートスケールで複数のコンテナを利用して並列処理を行うので高速化を実現できることと、新しいビルド要求に対しては常にクリーンなコンテナが用意されるので、過去のビルドに影響されることなく即座にビルド処理を行うことができる点が挙げられる。

また、開発者自身がYAML形式によって設定を行うことができ、管理者に依存することがないので、開発プロセスの高速化を実現できるという。

さらに、同サービスはソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub Enterprise」との連携が容易であるため、安定したソースコードをリリースできるとのことだ。

同サービスを導入することで「機能追加と改善」「品質向上」「コスト削減」「納期短縮」といった課題に対応する新しい開発環境の実現に期待できるとしている。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)