ブレインズとアラクサラ、機械学習を活用した障害検知を共同開発

ブレインズとアラクサラ、機械学習を活用した障害検知を共同開発

画像提供:マイナビニュース

ブレインズテクノロジーと、アラクサラネットワークスは、機械学習を活用して、ネットワークトラヒック情報からセキュリティ異常やIT システム異常を検知する監視システムを共同で開発し、セキュリティ異常/IT システム障害検知ソリューションとして共同検証したと発表した。

今回開発したシステムは、ITシステムにおける通常のネットワークトラヒック情報を機械学習で解析し、サイバー攻撃あるいはその結果としての通常と異なるネットワークトラヒックの傾向をリアルタイムに検知することで、システムのセキュリティ上の異常を検知する。

また、ITシステムにおける通常のネットワークトラヒック情報を機械学習で解析し、通常と異なるネットワークトラヒックの傾向をリアルタイムに検知することで、システムのサイレント障害や障害の予兆を検知する。

具体的には、アラクサラのAXシリーズスイッチ・ルータ/センサとコレクタで、ネットワークトラヒックの各種統計情報を抽出し、ブレインズテクノロジーの予測分析プラットフォームImpulseで抽出されたネットワークトラヒック情報から、機械学習による分析機能により、異常を検知・通知する。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)