APRESIA Systems、通信事業者向けセキュリティ対策製品

APRESIA Systems、通信事業者向けセキュリティ対策製品

画像提供:マイナビニュース

APRESIA Systemsは6月6日、通信事業者向けイーサネットスイッチである「APRESIAシリーズ」と、トレンドマイクロのセキュリティ対策製品「Deep Discovery Inspector(DDI)」および「NFV向けセキュリティ技術(セキュリティVNF)」を連携させた、通信事業者向けセキュリティソリューションを実現したと発表した。

連携ソリューションでは、通信事業者ネットワークの出入り口であるエッジ領域に「APRESIA」および「セキュリティVNF」を分散配置し、トラフィック中のセキュリティ脅威をリアルタイムで高帯域に監視。サイバー攻撃の疑いがあるトラフィックのみを「APRESIA」からクラウド領域に集中配置された「DDI」に転送し、トラフィックを詳細に分析する。そして、サイバー攻撃が確定したトラフィックをエッジ領域の「APRESIA」で遮断する。

通信事業者ネットワークの水際であるエッジ領域で分析・防御することで、従来の通信事業者におけるセキュリティ対策では実現が困難であった、拠点間通信における感染端末の拡散(自己複製型マルウェア)に対しても検知・対策が可能だ。

セキュリティ機能部をエッジ領域、およびクラウド領域で分担することで、セキュリティ機能の最適配置、コストの最適化を実現。「APRESIA」にてイーサネットスイッチ機能と併用して動作させることでコスト削減に貢献。また、イーサネットスイッチ機能の性能(主信号転送動作、装置内の遅延時間など)に影響を及ぼすことなく、併用での動作が可能になる。

今後は、同連携ソリューションの最初の取り組みとしてIoT端末向けマルウェアであるMiraiへの感染を検知・防御する連携ソリューションを検討しているという。
(山本明日美)

関連記事(外部サイト)