ロジクール、中小規模向けビデオ会議システム「Logicool MeetUp」

ロジクール、中小規模向けビデオ会議システム「Logicool MeetUp」

画像提供:マイナビニュース

ロジクールは6月6日、都内で記者会見を開き、カメラ、マイクスピーカーが搭載された、オールインワンタイプのハドルルーム(中小規模会議室)向けのビデオ会議システム「Logicool MeetUp(ミートアップ)」(以下、MeetUp)およびMeetUp用の拡張マイク「EXPANSION MIC FOR MEETUP」を7月中旬から法人向け製品として、正規販売代理店にて販売を開始すると発表した。参考価格は、いずれも税別でMeetUpが11万250円、拡張マイクが3万3250円。

新製品について米Logitech International ビデオ・コラボレーションビジネス部門・ディレクターのサイモン・ダドリー氏は「ハドルルームにおけるビデオ会議システムに求められるものとして、広い視野角と高品質のオーディオ(マイク、スピーカー)、適切なコンポーネントの3つが挙げられ、MeetUpは実現できる。120度の視野角を有し、カメラは4Kで13メガピクセルセンサを搭載しているため、5倍ズームを可能としている。また、ビームフォーミングマイク3本を備え、オールインワンモデルのため過剰なコンポーネントの必要がなく、設置が容易だ」と説明した。

加えて、新製品は視点固定型パンチルドズームカメラのため175度までカメラを動作することを可能とし、ホワイトボードや対象物へ簡単にズームカメラを調整して映し出すことができるほか、カメラを事前にセットアップしておけば、Bluetoothにより3カ所まで画面を映し出すという。

さらに、付属のリモートコントロールで場所を変更することを可能とするほか、AndroidまたはiPhoneをロジクールのVC(ビデオコラボレーション)製品のリモコンとして使用でき、追加のソフトウェアなしにパソコン、MacおよひChromeデバイスにプラグ&プレイのUSB接続を可能としている。そのほか、Kensingtonセキュリティスロット機能の搭載により、盗難を防止することができる。

本体サイズ(幅×奥行×高さ)はカメラが400×104×85mm(重量は1.04kg)、リモコンが83×10×83mm(72g)、動作環境はWindows 7、Windows 8.1、またはWindows 10、Mac OS X 10.10以降、またはGoogle Chromebook バージョン29.0.1547.70/プラットフォーム4319.79.0、認証アプリはSkype for Business、Cisco Jbber、Windows、Mac、Microsoft Cartanaとなる。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)