ダッソー、企業と企業を繋ぐ3Dプリンティング・マーケットプレイスを開始

ダッソー、企業と企業を繋ぐ3Dプリンティング・マーケットプレイスを開始

画像提供:マイナビニュース

ダッソー・システムズは6日、3Dプリンティングを必要とする顧客と製造能力を持つメーカーをつなぐマーケットプレイスを、2017年9月より140カ国で展開すると発表した。同日開催の年次イベント「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2017」に合わせ行われた記者発表会にて明かされた。

このマーケットプレイスは、3Dプリンティング技術を保有する企業がデータと要件をアップロードし、製造を依頼したい企業は要求に近いデータを選択。材料、品質、納品日、コストなどの交渉を行い、合意が取れ次第契約するという流れで利用するもの。開発に必要な製造機能を持てないスタートアップ、中小企業などと、高度な製造機能を持つ企業をマッチングする狙いで開始されるサービスとなる。

また、アップロードされるデータのイメージとして、エグゼクティブ・バイス・プレジデント 最高戦略責任者 モニカ・メンギニ氏は、飛行機の翼や自動車の部品など、同社が強みを持つ自動車・輸送セクターに関するものを挙げた。

同マーケットプレイスには、「CATIA」など同社の提供する3D CADアプリケーションで作られた3Dデータ以外であっても、「3Dエクスペリエンス・プラットフォーム」を介して掲載することが可能。発注可能な企業の選定、および依頼料の支払いの仲介など、取り引きの品質を同社が担保していく考えだ。

マーケットプレイスによるマッチングは3Dプリンティングだけで展開するのではなく、今後板金、コンポジットなどにも拡張していく展望という。既存のマーケットプレイスのようなデータ販売に広げるのではなく、実現したい要求を、それが可能な企業に依頼する図式での展開を想定している。

関連記事(外部サイト)