パナソニック、IPカメラをIoTデバイスとして使うクラウドプラットフォーム

パナソニック、IPカメラをIoTデバイスとして使うクラウドプラットフォーム

画像提供:マイナビニュース

パナソニックは6月7日、IPカメラをさまざまな用途のIoTデバイスとして活用するクラウドに対応した「Vieurekaプラットフォーム(Vieureka PF)」を開発したと発表した。同プラットフォームはオンプレミスでの利用も可能。

Vieureka PFは、高性能CPUを搭載したVieureka対応のIPカメラを用いることで、カメラ内の画像認識機能をクラウドから容易に入れ替え、制御・状態監視が行える。

公衆回線を通して、外出先のスマホからでもアクセスが可能で、また、Vieureka PFはパソコンを使わず、Vieureka対応カメラとクラウドのみでシステムを構築できる。

また、Vieureka PFにおいてはカメラ内で画像認識を行い、データ量が数十バイトから数百バイトと小さい認識結果のみをクラウドに送るため、ネットワークのトラフィックやクラウドの処理の負荷を増大させることなく、カメラの設置台数を増やすことが可能。

クラウド上の認識結果は、目的に応じて集計・分析・可視化(グラフ表示など)ができ、また、画像認識機能の入れ替えにより、多用途対応を実現する。

同プラットフォームを活用した「人物検出を用いた店舗向け来客分析サービス」と「従業員入退室管理システム」が、それぞれトライアルカンパニーと東京フード様に導入されているという。
(辻)

関連記事(外部サイト)