日商エレ、RPA・BRMSなどを活用した業務改善ビジネスを本格展開

日商エレ、RPA・BRMSなどを活用した業務改善ビジネスを本格展開

画像提供:マイナビニュース

日商エレクトロニクスは6月8日、RPAやBRMS、AIなどを活用した業務改善ビジネスを本格展開すると発表した。その足掛かりとして同日より、NTTデータ社のPC上からアプリケーションの操作やマウス・ボタン操作を自動で学習して人間の代行をする国産RPA「WinActor」と、なうデータ研究所の複雑な業務ルールを体系管理してインプット情報をもとに判断を自動化する国産のBRMSツール「NaU DSP」を活用した、業務自動化サービスを金融業界向けに提供する。

同サービスは、従来業務改善基盤に採用するBPM・ECM・CRMの各ソフトウエアにRPAやBRMSなどの認知技術を組み合わせることで、日々の定型業務に対する部分的な最適化から業務全体を俯瞰した最適化まで、幅広く業務改善のサポートを行う。

また、業務の自動化・効率化による作業時間の削減だけでなく、金融機関の持つ顧客に対してライフイベントにあわせた情報提供が可能で、顧客接点の強化による売上拡大が見込めるという。

同社は今後、RPA・BRMSツールの拡充を行い、適用業務の幅を広げていくとしている。また、業務改善コンサルティングサービスやAI技術を活用した、より高度な自動化・業務改善を目指す。初年度の販売目標は50社への導入とのことだ。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)