【レッドブル・エアレース2017千葉大会】誰がために風は吹く - 室屋選手「ダブル連覇」への熱いレース

【レッドブル・エアレース2017千葉大会】誰がために風は吹く - 室屋選手「ダブル連覇」への熱いレース

画像提供:マイナビニュース

●0.007秒の天国と地獄

6月3日から4日にかけて開催された「レッドブル・エアレース2017千葉大会」。3年連続開催となった同大会で、日本の室屋義秀選手が2年連続優勝、また前回開催地のサンディエゴに続いて2大会連続優勝という「ダブル連覇」を果たした。

前回のサンディエゴ大会で初めてその魅力にはまった筆者にとって、千葉大会はまだ2回目の観戦だが、初めての観戦でも虜になる面白さがそこにはあった。読者の皆さんの中にも見たことがない人の方が多いのではないかと思うが、初心者が見たエアレースの面白さを感じて頂けるよう、レッドブル・エアレース千葉大会の模様をレポートする。

なおレッドブル・エアレースの基本的な競技解説は、前回のサンディエゴ大会のレポート記事に詳しく書いているのでそちらも是非お読みいただきたい。

○練習から徐々にタイムを詰める室屋選手

1日目の6月3日土曜日は、各選手5分ずつのコース練習が2回と、予選フライトが行われた。予定では金曜にも練習が予定されていたのだが強風で中止となり、この日は全選手にとってぶっつけ本番のコース飛行となった。

コースの周回に要する時間は1分弱、14名の全選手のタイム差がわずか3秒程度という厳しい戦いでは、一瞬のミスも許されない。1回目の練習ではマット・ホール選手(オーストラリア)が54.823秒、2回目は現在年間ポイント首位のマルティン・ソンカ選手(チェコ)が54.371秒を記録した。室屋選手は慎重にスタートしたのか1回目は57.472秒とふるわなかったが、2回目は55.785秒と徐々にタイムを詰めてきた。

続く予選では、順位が悪くても本戦に進出できないわけではないが、練習ではない「本気」のタイムを見せることになる。ここで室屋選手は今日初の54秒台となる54.933秒を記録。予選トップのピート・マクロード選手(カナダ)の54.609秒と0.319秒差の4位につけた。しかし、8位のピーター・ポドランセック選手(スロベニア)までがトップと1秒以内という接戦だ。

予選後の記者会見で室屋選手は「日本のファンは桁違いに多い。そこで飛べることはとても幸せで、ビーチに大勢のファンがいるのが見えて気合が入った。勝つための準備をしてきたし、勝てるだけの能力が揃ってきた。本当に僅差の中で、勝てるかどうかは女神に微笑まれるか、もあるが、ベストを尽くせばチャンスは充分ある」と語り、明日へ。

○大接戦! 70cm差で1回戦「ラウンド・オブ・14」突破

2日目は3回戦からなる本戦が行われる。1回戦は、14名の選手が7組に分かれ、2名が一騎打ちで勝負する「ラウンド・オブ・14」だ。組み合わせは予選の順位で決定される。予選4位の室屋選手は2組目の後発。先発は11位のペトル・コプシュタイン選手(チェコ)だ。

これに勝利した7名と、敗者のうち最も良いタイムを出した「ファーステスト・ルーザー」の計8名が勝ち残る。予選と異なり、負けた選手はこの時点で脱落し、タイム順に9位から14位が決定してしまう。勝つためには速く飛ばなければならないが、攻め過ぎてペナルティを受けても敗退するため、必ずしも速い方が勝つとは限らない。

先に飛んだコプシュタイン選手のタイムは55.597秒と、室屋選手の予選タイムよりは遅かった。今朝「同じように飛ぶ」と室屋選手が語ったのを思い出す。ところが室屋選手のフライトが始まると、中間タイムがほんの0.1秒前後、コプシュタイン選手より遅い。まさか千葉で1回戦敗退? 絶叫で応援する観客の前に表示されたゴール時間差の速報値は、なんと「0.00」の同着! これはどうなるのか? と息を呑んで見守ると、表示は室屋選手の勝利に変わった。タイムは55.590秒。わずか0.007秒、距離にして約70cmの差でしかない。大接戦の勝利に、観客席は大歓声に包まれた。

しかも、7組のフライトが終わってみると、コプシュタイン選手は「ファーステスト・ルーザー」として勝ち残っていた。両者2回戦進出という高度な戦いだったわけだ。なお「ラウンド・オブ・14」の最速タイムはソンカ選手の54.787秒。

●風よ。空に届いているか
○運命を弄ぶ強風、大波乱の2回戦「ラウンド・オブ・8」

1回戦を勝ち残った8名の選手による2回戦は「ラウンド・オブ・8」。4組の一騎打ちで決勝戦に残る4名が選ばれる。組み合わせは前回タイム順で決定され、室屋選手は1組目の先発、つまり最初のフライトだ。室屋選手のタイムは54.964秒と、再び54秒台をマークした。しかしスクリーンには、ペナルティ2秒の表示が!

室屋選手に与えられたペナルティは「インコレクト・レベル・フライング」。エアゲートを通過するときに機体が水平になっていなかったという意味だ。エアパイロンが2本向かい合ったエアゲートを通過するときは、横に10度以上傾いていてはならない。しかし、コースがわずかに逸れてパイロンに衝突する「パイロンヒット」もペナルティになる。衝突回避のための旋回操作から水平に戻しきれなかったのだ。

室屋選手はコックピットの中で、天を仰いだ。ペナルティが2秒加算され、記録は56.964秒となってしまったのだ。55秒前後での勝負が続く今回のコースで、この2秒はあまりにも大きい。観客席からは室屋選手の健闘を称える拍手が上がった。

そして対戦相手のマット・ホール選手のフライトだ。54秒台の記録も出しているホール選手であれば、堅実な記録でも充分に勝てる。ラップタイムは室屋選手にやや遅れていたが、それは2秒加算前のタイムだ。室屋選手、ここで敗退か…と思われたゴールの直後、スクリーンになんとペナルティ2秒と、室屋選手の勝利が表示されたのだ!

ホール選手のペナルティは「クライミング・イン・ザ・ゲート」。最後の垂直ハイGターンを、ゲート通過前に始めてしまったという意味だ。これで2秒加算されたホール選手の記録は57.295秒となり、0.331秒差で室屋選手に敗退した。

このあとも2組目のカービー・チャンブリス選手、3組目のピート・マクロード選手が1回目の垂直ハイGターンで「エクシーディング・マキシマム・G」、つまり既定の加速度を超過したことで即時競技中断、記録なしで敗退という大波乱の「ラウンド・オブ・8」となってしまった。

この競技中、筆者は風が強くなってきたことを感じていた。会場に近い千葉測候所の記録によると、「ラウンド・オブ・14」の時間帯の最大瞬間風速は5m前後。しかし「ラウンド・オブ・8」の時間帯には9mまで上がっていた。風が強くなればそれだけ、パイロットの目測も狂う。機体に加わる力も変わる。4名の選手がペナルティや競技中断となる中、室屋選手は相手選手もペナルティを受けるという幸運に救われ、決勝戦「ファイナル4」への進出を決めた。一度は諦めかけていた観客席は、再び大興奮に包まれた。

○そして「風」は吹いた…白熱の「ファイナル4」

ついにたどり着いた決勝戦「ファイナル4」は、4名のパイロットが順に飛び、一騎打ちではなくタイム順で順位を決定する。前回のタイム順から決定された室屋選手の飛行順は、またしても1番だ。

ペナルティもなく、確実にコースを回った室屋選手のタイムは55.288秒。今回のコースでは特別に速いタイムではない。しかし、決して遅いタイムでもない。後続の3選手はこのタイムを上回らなければ優勝できない。

2番手で飛んだのは「ラウンド・オブ・14」で室屋選手にわずか0.007秒差で敗れたものの「ファーステスト・ルーザー」として生き残り、「ラウンド・オブ・8」を突破して室屋選手に再挑戦するコプシュタイン選手。こちらもペナルティなしでゴールを果たしたが、タイムは55.846秒と届かなかった。

3番手は昨年の年間王者、マティアス・ドルダラー選手(ドイツ)だ。大きなウィングレットを装備したドルダラー機はターンに強い。垂直ターンを終えたラップ2では0.865秒差と室屋選手を大きくリード。このまま突き放してゴールかと思われたが、最後の垂直ターンに入るゲート11で、まさかのパイロンヒット! タイムは54.943秒と室屋選手より速かったが、ペナルティ3秒を加えた記録は57.943秒で敗退してしまった。

このとき筆者を、武者震いのような感覚が襲った。前回のサンディエゴ大会でも、「ファイナル4」の最初に飛んだ室屋選手を抜き去るかと思われたドルダラー選手が、最後の垂直ターンに入るゲートでパイロンヒットして敗退していたのだ。サンディエゴの再来…そして最後に舞台に上がったのは現在のチャンピオン、ソンカ選手だ。

ソンカ選手は今シーズン初戦のアブダビで優勝したものの、サンディエゴでは「ラウンド・オブ・8」で室屋選手に敗退したため「ファイナル4」に進めなかった。優勝した室屋選手から見れば、ソンカ選手を直接倒して優勝したことでポイント差を大きく詰めることができた。ここで室屋選手に勝利すれば、再び突き放すことができる。

ソンカ選手がスタートし、垂直ターンからシケインに入った。ラップタイムは室屋選手より速い。しかしこのとき筆者は、急に強い海風が入ってきたのを確かに感じた。この風は、ソンカ選手のフライトに影響するのではないか? それでもソンカ選手は練習でのコース最速タイムに迫る54.533秒でコースを飛び切った。しかしスクリーンに表示されたのは、2秒のペナルティを加えた56.533秒の記録と、室屋選手の勝利! 6万人の大観衆は千葉での2年連続、そしてサンディエゴから連続という「ダブル連覇」を目の当たりにし、熱狂は最高潮に達した。

ソンカ選手に何が起きたたのか? 実は最初の垂直ターンで、すでに勝敗は決していた。急上昇から急降下して通過するゲート4で、機体が傾いたままの「インコレクト・レベル」となっていたのだ。

ここからは本当のことかはわからない、筆者の想像だ。ソンカ選手のフライト中に感じた強い風が観客席に届いたのはゲート4の通過後だが、風がコースから観客席に届くまでには数秒から数十秒かかる。ソンカ選手は垂直ターン中に突風を受け、コースが乱れたのではないか。「ファイナル4」の時間帯の瞬間最大風速は10mを超えていた。

本戦前、「女神は誰に微笑むか。ベストを尽くせばチャンスはある」と語った室屋選手の言葉が頭をよぎった。女神の微笑みは、ベストを尽くした室屋選手のために風を吹かせたのではないか。筆者はそう感じた。

次回は室屋義秀選手の優勝記者会見の模様とその後のインタビューの模様をお伝えする。
(大貫剛)

関連記事(外部サイト)