マラリア感染、完治後も長期的な骨量減少の原因に 大阪大学の研究グループが発見

記事まとめ

  • 大阪大学は、マラリア感染が、完治後も骨量減少の原因となることを発見したと発表
  • マラリアは、生命を脅かす感染症であり、毎年2億人を超える人々が感染し43万人が死亡
  • マラリア完治後も骨は慢性的な炎症状態になり長期的な骨量減少が起きるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております