富士通、可視光通信によるコンテンツ配信サービスをビームス店舗で実施

富士通、可視光通信によるコンテンツ配信サービスをビームス店舗で実施

画像提供:マイナビニュース

富士通は6月9日、同社の可視光通信を利用するコンテンツ配信サービス「FlowSign Light(フローサイン ライト)」と、クロスメディア事業などを行うアスコンがデザインしたフォトフレームを組み合わせた、スマートデバイス用のフォトフレーム撮影サービスを、ビームス向けに提供すると発表した。

同サービスは、富士通研究所のLED情報伝達技術を用いてLEDの光に情報を埋め込み、その光が照射する対象物にスマートフォンをかざすことで、ユーザーに情報を提供するサービス。ユーザーは、専用アプリをスマートフォンにダウンロードし、スマートフォンを対象物にかざすことで、直感的に関連情報を取得できるという。

ビームスは同サービスを利用し、アウトレット店舗で開催する家族向けイベントである「Let's go out with Family」において、「ビームス アウトレット 木更津」および「ビームス アウトレット 入間」への来店客を対象に、来店客のスマートフォンをイベントブースにかざすと、同社のオリジナルフォトフレーム入りの写真撮影が可能なイベントを併せて実施する。実施期間は、6月12日から30日まで。

具体的には、同イベントにおいて全国から募集した子供が描いた絵を展示するウィンドウ脇スペースに、同サービス専用のLED照明を設置し、アスコンがデザインしたフォト・フレームと紐付けたID情報を埋め込んだ光を照射する。

来店客が、スマートフォンにダウンロードした専用アプリのカメラ機能を起動してイベントスペースにかざすと、光に埋め込んだID情報に紐づくフォトフレームを撮影画面上に重ねて表示し、フォトフレーム付きの写真を撮影できるという。

富士通は今後、フォト・レームのデザインを担当したアスコンと連携し、同サービスを利用するフォトフレーム撮影の仕組みを確立していく。また、店舗サービスに加え、観光やイベントなどの幅広い分野で同サービスの利用拡大を目指す。
(山本善之介)

関連記事(外部サイト)