OSSファイアウォール「pfSense」のインストールと設定方法

OSSファイアウォール「pfSense」のインストールと設定方法

画像提供:マイナビニュース

Tecmintに6月12日(米国時間)に掲載された記事「Installation and Configuration of pfSense 2.3.4 Firewall Router」が、ファイアウォール/ルータソリューション「pfSense」バージョン2.3.4のインストール方法と設定方法を伝えた。インストールから設定までが丁寧にまとまっており参考になる。

pfSenseはFreeBSDベースのファイアウォール/ルータソリューション。オープンソース・ソフトウェアとして公開されており、高度な機能を簡単に利用できるという特徴がある。動作に必要となるハードウェアリソースの最小スペックも以下のように最小限で済むため、さまざまなハードウェアを利用できる。

CPU: 500MHz
MEM: 1GB
HDD: 4GB
NIC: 2個

類似のソリューションとして、同じくFreeBSDベースのOPNsenseなどがある。ネットワークセキュリティは企業においてその重要度が増している。簡単に管理することができ高いセキュリティを提供しているソフトウェアを利用することが望まれる。
(後藤大地)

関連記事(外部サイト)