NTT Com、外部とのAPI接続を容易にするサービスを提供

NTT Com、外部とのAPI接続を容易にするサービスを提供

画像提供:マイナビニュース

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6月14日、複数のシステムで利用するAPIを統合管理し、外部との接続を支援する「API Gateway as a Service」を2017年7月から提供開始すると発表した。近年注目を集めるxTech(FinTech/RetailTech/AgriTech/EdTechなど)と呼ばれる事業とテクノロジーの融合を推進するとしている。

同サービスはAPIの認証や権限管理を一括で行えるというもので、多数のAPIが存在する場合でもその管理を効率化できる。また、外部連携機能(APIマッシュアップ)を標準で搭載しているため、ほかのサービスとのAPI連携をスピーディかつ容易に実現できるという。

機能面としては、異なるインタフェースのAPIを統一された仕様に変換する、一括して認証するといったベーシックな機能に加え、顧客企業が作成したグループ単位でのアクセス制御が可能な権限管理機能、DDoS対策やマネジメントセキュリティサービスによるセキュリティ機能などを提供する。

IaaS基盤としては同社の「Enterprise Cloud」および「Hybrid Cloud with Microsoft Azure」に対応(順次追加予定)しており、顧客企業の既存環境と親和性の高いIaaSを選べる。

また、「API Gateway」におけるノウハウを生かした、高品質な保守運用サポートがセットになっているため、顧客企業はAPIマネジメント基盤の導入や環境整備・保守運用に手間がかからないので、デジタルビジネスの推進に専念することができるという。さらに、同社ではAPI公開に向けてのコンサルティングや、導入支援プログラムなどもオプションとして提供している。

今後は国内外のSaaSプロバイダーとの連携を強化し、課金機能や決済機能などのバックエンド機能をオプションとして利用できるよう機能を拡充していくとしている。また、同サービスの対象クラウドも順次追加していく予定で、第1弾としてはNTTデータのクラウドサービスに対応するとのこと。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)