セキュアブレイン、「サイバースパイ対策情報サービス」を販売

セキュアブレイン、「サイバースパイ対策情報サービス」を販売

画像提供:マイナビニュース

セキュアブレインは6月14日、日本の政府や企業向けに特化したサイバースパイ攻撃に対し、有効な対策を講じるための情報を提供する「サイバースパイ対策情報サービス」を販売開始すると発表した。

同サービスは、「Basic対策情報サービス」を基本サービスとし、「Advanced対策情報サービス」をオプションサービスとして提供する。

「Basic対策情報サービス」では、日本へのサイバースパイ攻撃に特化した最新攻撃の特徴と対策を講じるために必要な脅威情報を年間で12回提供する。

脅威情報は、実際に把握したサイバースパイ攻撃の情報(コマンド&コントロールサーバのIPアドレス、ドメイン名、マルウェアのハッシュ値など)が提供される。

「Advanced対策情報サービス」では、特定の攻撃者を取り上げ、長期にわたり観測した結果から判明したさまざまな調査情報を年間で4回提供する。

同サービスでは、特定の攻撃グループの調査情報、C&Cサーバ情報、攻撃に使われたマルウェアの詳細解析、ケーススタディなどの情報が提供される。
(辻)

関連記事(外部サイト)