北國銀行、Microsoft Azure上でインターネットバンキングを構築

北國銀行、Microsoft Azure上でインターネットバンキングを構築

画像提供:マイナビニュース

北國銀行とFIXERは6月14日、日本マイクロソフトと協力し、日本マイクロソフトのパブリッククラウド「Microsoft Azure」を基盤としたインターネットバンキングサービスとしては「北國クラウドバンキング」の開発を開始したと発表した。2018年夏のサービス開始を目指す。

「北國クラウドバンキング」は、Microsoft Azureと勘定系システムを連携し、セキュリティを確保しつつ、多様化する顧客のニーズに合わせた迅速なサービスの拡充を実現するという。

従来の銀行業務における非対面業務の比率を拡張し、その分の人材を対面業務で顧客との関係構築に注力することで、マルチチャネルでの顧客接点の質・量ともの拡充を図るとしている。

今回、すべてのシステムの設計・構築をFIXERが担当し、Microsoft Azure の24時間365日のフルマネージドサービス「cloud.config」により開発を進める。

日本マイクロソフトはより安全なインターネットバンキングサービスの構築に必要な技術支援を行う。

関連記事(外部サイト)