トヨタ、バーチャル人体モデルを用いた傷害発生のメカニズムの共同研究

トヨタ、バーチャル人体モデルを用いた傷害発生のメカニズムの共同研究

画像提供:マイナビニュース

トヨタ自動車は6月15日、実際の事故における傷害発生のメカニズムをコンピューター上で解析できる人体を模擬したモデルTHUMS(サムス : Total HUman Model for Safety)を、2000年より豊田中央研究所と共同で開発しており、今回、モータースポーツの安全研究を統括する団体であるGlobal Institute(GI)とモータースポーツ競技における安全性を向上させるため、THUMSを用いた4年間の研究プロジェクトを共同で開始したと発表した。

衝突安全実験ではダミー人形が広く使用されるが、脳や内臓など、体内の各部位がどのように衝撃を受けるかまで詳細に分析することは難しいため、同社ではTHUMSを用いた解析を実施。一般の車両だけでなく、THUMSを2007年以降、モータースポーツにおける事故の傷害解析にも応用している。

具体的には、FIA Institute(FIA:国際自動車連盟とFIA基金がモータースポーツの安全性向上を図る研究機関として設立)やNASCAR(ナスカ― : National Association for Stock Car Auto Racing 全米自動車競争協会)からの個別の依頼でTHUMSを用いたドライバーの受傷要因の解析を実施。これらの研究の中で、レースカー特有の着座状態において衝突時の減速度により背骨や臓器に強い負荷が加わるメカニズムを解明し、その負荷を軽減するための方策を検討してきた。

今回のGIとの4年間にわたる共同研究では、レースカーだけでなくラリーカーの衝突も含めた幅広いモータースポーツ競技における衝突事故を研究の対象とし、シート構造やシートベルト配置などの見直しを検討する。この結果をもとにGIがレギュレーションのアップデートなど、モータースポーツ車両の安全性向上につながる施策を検討していく予定だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)