紙とVRの可能性探る、福永紙工とVRマーケティング支援会社が協業

紙とVRの可能性探る、福永紙工とVRマーケティング支援会社が協業

画像提供:マイナビニュース

VRマーケティング支援を行うWHITEと福永紙工は、紙製VRゴーグルの新開発において業務提携し、新たな紙製VRゴーグルを開発するプロジェクト「Milbox CRAFT PROJECT」を開始した。このプロジェクトを通じ、紙とデジタルの新しい可能性を探って行く。

ゴーグルデザインは、ペーパークラフト作家の和田恭侑氏をはじめ、外部のデザイナーやアーティストを起用する。紙ならではの思わず手に取りたくなる「造形」と、愛着がわき期待が高まるような「質感」を目指す。法人企業からの受託業務をすでに開始しており、ノベルティグッズとして展開していくほか、一般向けにも商品を販売する予定。

2016年は「VR元年」と言われ、国内外で多くのVRコンテンツが登場した。そして2017年現在、スマートフォンと簡易型VRゴーグルを組み合わせることで、手軽にVR体験ができる「スマホVR」が注目されているという。その一方で、簡易型VRゴーグルは似た形状、素材のものが多く、VRに取り組む企業や一般ユーザーからは「コンテンツ」のイメージや世界観に合ったゴーグルが欲しいとの声が高まっているという。例えば、シュノーケル型のゴーグルで海の中を潜っているような気分、といった体験が出来るように、VR体験の品質向上を目指していく。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)