がんばりを可視化するWebアプリ「Habi*do」がバージョンアップ

がんばりを可視化するWebアプリ「Habi*do」がバージョンアップ

画像提供:マイナビニュース

働く社員の頑張りを可視化するWebアプリ、Habi*doを運営するBe&Doは、月末のアップデートに向けてユーザーの"頑張り"をより可視化できる「マイページ」機能を開発中だと発表した。

目標・習慣・タスク・学びを可視化し、モチベーションを相互に高め合うWebアプリ。マネジメントのアドバイスを送るAIが組み込まれており、グループが、不活性化・停滞しそうなタイミングでアドバイスをくれたり、他のユーザーを励ましているメンバーがいることや、継続して行動を行っているメンバーがいるといった「褒めポイント」を管理者に伝えてくれる。

6月末のアップデートで、「マイページ」機能が追加される予定。部署、役職、入社年次などの基本的な情報に加え、スキル、興味関心などのタグを追加することができる。また、ビッグデータ構築とディープラーニングへ着手し、マネジメントを支援するAIを強化するという。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)