京セラ、業務用3kW-SOFC燃料電池システムを開発 - 総合効率90%を実現

京セラ、業務用3kW-SOFC燃料電池システムを開発 - 総合効率90%を実現

画像提供:マイナビニュース

京セラは、コージェネレーション型の業務用固体酸化物形燃料電池システム(SOFCシステム)を開発、2017年7月より受注を開始することを発表した。

同システムの発電出力は3kW。家庭用燃料電池エネファームtype S(700W)向けに同社が生産している小型・高効率・高耐久のセルスタックを4個搭載したほか、発電時に発生する高温排熱を効率的に利用できる機器設計を採用することで、発電効率52%、排熱利用(給湯)も含めた総合効率90%を実現した。

また、電力使用量に応じて、出力を変動させることも可能。このため、3kWの定格連続運転によるベース電源としての活用に加え、負荷追従運転を行うことで調整電源としても活用することが可能だという。

なお、同社では今後、ガス事業者などと連携して、小規模な飲食店や福祉施設などを中心に、提案を行っていきたいとしている。
(小林行雄)

関連記事(外部サイト)