レッドブル・エアレース2017千葉 - 零戦だ! DC-3だ! レースクイーンだ! パイロットも大喜びのお姉さん勢揃い

レッドブル・エアレース2017千葉 - 零戦だ! DC-3だ! レースクイーンだ! パイロットも大喜びのお姉さん勢揃い

画像提供:マイナビニュース

レッドブル・エアレース千葉大会、またの名を「空のフェス」とも言うこの大イベントでは、エアレース以外にもさまざまな催しが行われた。

○零戦とDC-3、夢の競演は土曜と日曜で大きな違い

メディアではエアレース本体より話題になっていた? 零戦とDC-3の飛行展示。機体の詳細は、レッドブル・エアレース飛来より前に筆者が取材しているので、そちらの記事も併せて見て頂きたい(零戦レポート、DC-3レポート)

両機は6月3日と4日の両方で飛来したが、時間帯が異なるためかなり違う雰囲気になった。3日は夕方の神々しい空をバックに、DC-3は低空で悠々と3周回飛行。零戦はあえて車輪を出した状態でエアレースのゲート近くを超低空飛行し、あたかもエアレースに出場するかのような光景が見られた。

4日は昼に飛行したため、アニメ「風立ちぬ」のポスターを思わせる夏空をバックにした飛行になった。零戦は今度は車輪を格納し、コックピットの風防を開けるサービスまで見せてくれた。

○お待たせしました! エアレースクイーンのお姉さん画像全員紹介!

エアレースクイーンは、普段はスーパーGTなどで活躍しているレースクイーンとのことで、「エアレースクイーンコンテスト」の会場ではファンの方々から名前コールで声援が上がっていた。

続いてハンガー(格納庫)でのエアレースクイーンたちを一挙、ご紹介しよう。また、ちょうどパイロットがいたハンガーではツーショット写真なども撮らせていただくこともできた。

エアレースクイーンの皆さんに、レースクイーンとの違いを伺ってみると「レースクイーンは競技中ずっとピットにいて、ピットイン中は選手に日傘をさしたりするのですが、エアレースではそういう場面がありません。ファンにピットエリアへ来てもらえないのも残念」とのことで、活躍の場が限られるようだ。

またエアレースには初参戦という方も多いようで、感想を伺うと「エアレースは、観客席からコース全体を見渡せるところが違いますね。とにかく速く走ることを競うモーターレースと違って、エアレースは機体の姿勢などもポイントになる(ペナルティタイムが加算される)ところが面白いと感じました」と、さすがレースクイーン、目の肥えたコメントをいただくことができた。
(大貫剛)

関連記事(外部サイト)