Shade3Dが大幅な機能強化 - NURBSに対応、レンダリング機能も強化

Shade3Dが大幅な機能強化 - NURBSに対応、レンダリング機能も強化

画像提供:マイナビニュース

Shade3Dは、統合型3D作成ソフト「Shade3D」に新たな機能を追加し、「Shade3D ver.17」として、新発売すると発表した。発売日は7月14日。価格はBasicが1万584円、Professionalが9万7,200円。

「Shade3D」 は、3DCGから3Dプリントまで3D制作に幅広く対応する統合型3D作成ソフト。建築業界では「リフォーム」や「リノベーション」などの急激なニーズ増加により市場が拡大しており、それに合わせCADニーズも拡大している。こうした中、3DCADのニーズが増えてきているものの、3DCADは習得するまでに時間がかかるという点と、ソフトウェアの費用が高額といった問題があり、未だ多くの人が2DCADを使用しているという現状がある。「Shade3D ver.17」では、2DCADユーザーが、3Dリテラシーを簡単かつ低コストで身に着けられるよう、大幅な機能強化が行われた。

前ハ?ーシ?ョンとなる「Shade3D ver.16」て?は、建築・製造業向けに 新機能を搭載し、フ?ロタ?クト・インテリアテ?サ?イン、広告向けのイメーシ?画像の作成なと?、業種を問わす?幅広い業務分野て?活用できる機能が強化されたが、今回のバージョンアップでは、モデリング機能が大幅に強化された。Professional版では、新たにホ?リコ?ンモテ?リンク?や自由曲線よりも細かな曲線を扱える曲線モデル「NURBS」に対応したことで、CAD同様のモデリングが可能となっている。また、計測機能を強化し、NURBUSで作成された形状の重心・表面積・体積の測定をすることもできる。

そのほか、レンダリング機能も強化され、「DepthPlus」、「FogPlus」、「グローエフェクター」といったProfessionalに対応していた特殊効果に対応し、よりリアルで高品質なCGを作成することができるようになった。

同ソフトは、2DCADで作成データをそのままShade3Dでも再利用できるほか、Shade3Dで作成した3Dデータを、3DCADを導入した際に、再利用できることも利点ひとつだという。なお、同ソフトは、3次元CAD利用技術者試験準1級の実技試験の推奨ソフトとして認定されたということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)