FiNCとパナソニック、家電とヘルスケアを組み合わせた行動変容の実証実験

FiNCとパナソニック、家電とヘルスケアを組み合わせた行動変容の実証実験

画像提供:マイナビニュース

FiNCとパナソニックは6月16日、FiNCが提供するヘルスケアサービスとパナソニックが提供する機器を活用して行動変容を調査する実証実験を開始すると発表した。実証実験は「FiNCダイエット家庭教師」の新規利用者を対象に、2017年7月〜2018年3月までの期間での実施を予定している。

FiNCは、個人向けおよび企業向けにアプリを利用して食事・運動・休養といった生活習慣の改善を働きかけるヘルスケアサービスや、管理栄養士・栄養士・トレーナーをはじめとしたヘルスケア専門家やアスリート・スポーツ選手・モデルによるコンテンツなどをAI(人工知能)により、個人に最適化させて配信するヘルスケアプラットフォームアプリ「FiNC」(以下、FiNCアプリ)を有している。

一方、パナソニックの新規事業を創出し、実行を加速させていく組織「ゲームチェンジャーカタパルト」は、取り組みの1つとしてウェルネスサポート事業の展開を視野に活動しており、家電を使用することで得られる使用者の行動記録や個人のバイタルデータを活用し、各個人に最適化された新しいヘルスケアサービスを企画・検討している。

今回、FiNCとゲームチェンジャーカタパルトのウェルネスサポート事業の方向性が一致し、それぞれの持つノウハウ・技術を用いて共同で実証実験を行う。実証実験では利用者の血圧に着目し、FiNCが提供するFiNCアプリと、パナソニックの血圧計などを組み合わせた生活習慣指導サービスを提供する。そこから得られるデータから、利用者ごとの行動変容と血圧などのバイタルデータの関係を調査。

両社は今回の実証実験の結果をベースに、利用者の健康を増進するため、新たな付加価値の創出と新サービス事業に向けた企画・検討を行う。将来的には、各個人の日々の運動・食事・休養などの生活習慣や住環境におけるさまざまなデータを取得し、最適化され継続して行うことができるウェルネスソリューションを提供することで、無理なく自然に健康になる新たなウェルネスライフスタイルの提案を行っていく方針だ。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)