NEC、BPO事業の強化に向けグループ会社を再編

NEC、BPO事業の強化に向けグループ会社を再編

画像提供:マイナビニュース

NECは6月16日、就業人口の減少やデジタルトランスフォーメーションの進行を背景としたBPO市場の業務領域の拡がりと高度化に対応するため、グループ会社を再編すると発表した。

具体的には、NECネクサソリューションズの子会社でBPO事業を行うNECビジネスプロセッシングと、NECソリューションイノベータの子会社で同事業を行うVALWAY121ネットの2社を、6月20日付でNECグループの業務シェアード会社であるNECマネジメントパートナーの子会社に変更する。

これにより、NECマネジメントパートナー、NECビジネスプロセッシング、VALWAY121ネットの3社が有する業務ノウハウや業務への先進ICTの適用・運用実績などの経営資源を集約し、より高付加価値で専門性の高いサービスの提供を目指す。

今回の再編による事業強化の方針として、経営管理や経費最適化をはじめとする経営基盤の強化、マーケティング・プロモーション、多様な人材の活躍を促す環境づくりなど、NECマネジメントパートナーが有する組織運営全体を支える幅広い業務の専門知識と、NECビジネスプロセッシングおよびVALWAY121ネットが有するサービス提供ノウハウを融合し、顧客の業務プロセスを最適化することで新たな価値を創造する。

また、AI技術群「NEC the WISE」やRPAなどの業務適用をNECマネジメントパートナーが実践し、その実績を顧客の業務に適用することで徹底的な省力化と高度化を実現する。

同時に、NECビジネスプロセッシングおよびVALWAY121ネットが提供する顧客向けのサービスにも適用することで、顧客の事業成長に貢献する。
(辻)

関連記事(外部サイト)