迷い猫をIoTで探索する「ねこさがし」サービス提供開始

迷い猫をIoTで探索する「ねこさがし」サービス提供開始

画像提供:マイナビニュース

豆蔵ホールテ?ィンク?スの事業会社て?あるオーフ?ンストリームは、IT技術て?迷い猫の探索をサホ?ートする「ねこさか?し IoT サーヒ?ス『ねこもに』」に、「ヘ?ット探偵による ねこ捜索サーヒ?ス保険」を付帯して提供を開始した。

「ねこもに」は、「迷い猫問題」に対しシステムて?解決する、発信機を身につけたねこを探すアフ?リ&サーヒ?ス。ねこに装着した発信機から発せられた電波を、iPhoneにインストールする「ねこもに専用アフ?リ」て?受信し、ねこのいる場所をアフ?リの地図上に推定表示し、ねこさか?しをサホ?ートする。

サービスの利用時は、iPhoneに「ねこもに専用アフ?リ」をインストールし、ユーサ?ー登録後に発信機とヘ?アリンク?し、ねこに市販の首輪なと?を使用して発信機を装着する。専用アフ?リか?、発信機か?発するBLE(Bluetooth Low Energy)電波をキャッチすると、専用アフ?リの地図上にねこか?いそうなエリアを推定表示する。 推定表示されたエリアへ歩み進むと、ねこの位置推定か?繰り返される中て?エリア特定精度か?向上し、ねこのいそうなエリアか?絞られて発見につなか?るという流れになっている。なお、発信機か?発するBLE電波の通信有効距離は最大約75m、位置情報はiPhoneのGPS精度、BLE電波の受信強度に依存し、専用アフ?リのねこをさか?す機能は、屋外て?の使用を想定しているということだ。

また、東京海上日動火災保険と共同て?開発された「ヘ?ット探偵による ねこ捜索サーヒ?ス保険」を付帯することにより、ひとりて?探す自信のない人や、多忙て?捜索する時間を確保て?きない人、探しきれない人をサホ?ートするという。同保険は、「ねこもに」利用時に使用する発信機に付帯する動産総合保険で、万か?一、不測かつ突発的な事故によって、発信機に損害か?発生してしまった場合に製品の交換にかかる費用、または発信機を装着した猫か?いなくなってしまい「ねこもに」を使っても自力て?は捜査か?困難な場合にヘ?ット探偵社へ捜索を依頼する費用を補償するものとなっている。

なお、発信機は、ハ?ソコンとハ?ソコン周辺機器専門店「TSUKUMO(ツクモ)」、Amazon.co.jpにて購入することができる。価格はオープンプライスだが、6月19日現在では6,900円(税別・送料別・保険付帯)で販売されている。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)