電柱に電子ペーパーを設置し、役立ち情報を表示 - 中電やDNPが実証実験

電柱に電子ペーパーを設置し、役立ち情報を表示 - 中電やDNPが実証実験

画像提供:マイナビニュース

中部電力、中電興業、大日本印刷(DNP)は、2017年10月より、豊田市の協力を得て、同市中心部において、電柱を活用し天気やイベント情報等の地域のお役立ち情報を配信する新たな地域サービスの開発に向けた実証実験を行うと発表した。

実証実験では、電子ペーパーを豊田市内の電柱6本に設置し、豊田市のほか、新たに募集する民間事業者からも情報提供を受け、配信する。電子ペーパーは、インターネット経由で情報を配信する等、設置場所に応じたタイムリーな情報を提供するという。

今回の実験において中部電力は、電柱を情報配信の基盤として活用するための検証を行い、中電興業は、豊田市や民間事業者様からの依頼に基づき、電子ペーパー上に地域のお役立ち情報を配信するシステムの運用を試行する。そして、大日本印刷は、電子ペーパーと情報配信機器・アプリケーション等の提供・運用および利用拡大について検討する。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)