ファイア・アイ、仮想アプライアンスに対応したエンドポイントセキュリティ

ファイア・アイ、仮想アプライアンスに対応したエンドポイントセキュリティ

画像提供:マイナビニュース

ファイア・アイは6月20日、エンドポイント・セキュリティ・ソリューションにおいて、クラウドおよび仮想アプライアンスによる提供形態を発表した。2017年第3四半期までに世界中で提供開始される。

新たに提供されるクラウドと仮想エンドポイント・セキュリティ製品は、2017年に提供が可能となる主要アップグレードの一つで、セキュリティの簡素化、統合化、自動化を実現するインテリジェンス主導型のエンドポイント・プロテクション・プラットフォーム(EPP)の提供を目指すという。

また、2017年の追加アップグレードとして、 アンチウイルス(AV)機能の搭載と、復旧機能の追加、 Linuxサポートの追加も行うという。
(丸山篤)

関連記事(外部サイト)