国立環境研究所のスパコンが省エネランキングで8位を獲得 - NSSOLが納入

国立環境研究所のスパコンが省エネランキングで8位を獲得 - NSSOLが納入

画像提供:マイナビニュース

新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)は6月20日、ISC17の開催に併せて公開されたスーパーコンピュータ(スパコン)の省エネ性能を競う「GREEN500」において、国立環境研究所に納入したスパコン「Research Computation Facility for GOSAT-2(RCF2)」が8位にランクインしたことを発表した。

RCF2は、環境省と国立環境研究所が共同運営しているスパコンで、2018年度に打ち上げが予定されている温室効果ガス観測技術衛星2号「GOSAT-2」の観測データをもとに、大気中の二酸化炭素、メタン、一酸化炭素の濃度を算出し、全球炭素収支分布の推定精度を向上させることを目的としたプロジェクト「GOSAT-2プロジェクト」における観測データの解析処理アルゴリズムの研究・開発を目的として用いられる。

NSSOLは、前世代のGOSATプロジェクト向けスパコンとして「Research Computation Facility(RCF)」を2010年に納入しているが、RCF2はCPUとGPUのハイブリッドコンピューティングシステムとすることで、RCF比で理論演算性能を約6倍増となる1.07PFLOPS、消費電力性能も同15.4倍増となる9796.41MFLOPS/Wへと向上させている。GPUには、NVIDIAの最新世代GPUである「Tesla P100」を240基搭載。インターコネクトにはInfiniband EDRを採用している。

なお、NSSOLでは、今回のスパコン開発で得た知見を、今後の低消費電力かつ高効率ITインフラソリューションの提供に活かしていく方針としており、顧客の研究開発の速度向上と、地球環境の保護の両立に結び付けていきたいとしている。
(小林行雄)

関連記事(外部サイト)