マクドナルド、ポイント/電子マネー利用不可の理由はマルウェア感染

マクドナルド、ポイント/電子マネー利用不可の理由はマルウェア感染

画像提供:マイナビニュース

日本マクドナルドは6月19日、店舗におけるネットワークシステムの一部にマルウェアが確認され、その影響から全国の店舗で、商品ご購入時に、「dポイント」「楽天スーパーポイント」、電子マネー「WAON」「iD」などが利用できない状況にあると発表した。

現在、復旧作業を進めているという。スマートフォン用マクドナルド公式アプリ、同社Webサイトは利用可能だが、一部店舗ではクーポンが利用できない場合があるとのこと。

同日時点で、今回のネットワークの不具合による個人情報など情報管理への影響は確認されていないとしている。