武田薬品、ドイツのオラニエンブルク工場に新製造施設が完成

武田薬品、ドイツのオラニエンブルク工場に新製造施設が完成

画像提供:マイナビニュース

武田薬品は6月16日、オラエニンブルク工場(ドイツ ブランデンブルク州)内に建設していた新たな製造施設が完成したことを発表した。同社は本工場の拡張に約1億ユーロ(約120億円)を投資しており、そのうち約2,300万ユーロについてブランデンブルク州およびドイツ政府から50%ずつの支援を受けている。新製造施設は、2017年末からの稼働開始を予定している。

新製造施設の竣工式には、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、八木穀 駐ドイツ大使、Dietmar Woidkeブランデンブルク州知事、同社のクリストフ・ウェバーCEOが出席した。

武田薬品は、グローバルな生産体制の最適化に向けた取り組みの一環として、大阪工場における固形製剤の製造をオラニエンブルク向上と光工場(山口県光市)へ移管することについて、2014年11月27日付のプレスリリース「グローバルな生産体制の最適化に向けた取り組みについて」にて公表していた。今回の新製造施設の完成は、その取り組みに伴うものであるという。

オラエニンブルク工場は、130年以上の歴史を有しており、固形製剤(錠剤およびカプセル)専用工場として、同社のグローバル生産ネットワークにおいて重要な役割を担っているという。本工場では、消化器系疾患治療剤(消化性潰瘍治療剤パントプラゾール等)、中枢神経系疾患治療剤(大うつ病治療剤Trintellix等)、循環器系疾患治療剤(心血管疾患予防材Magnyl等)をはじめ、幅広い種類の医薬品を製造し、世界100カ国以上に供給している。

新製造施設(主要施設)の概要は以下の通り。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)