東レ、伊アヴィオ社と新型打上げロケット向け炭素繊維に関する長期供給契約を締結

東レ、伊アヴィオ社と新型打上げロケット向け炭素繊維に関する長期供給契約を締結

画像提供:マイナビニュース

東レは19日、イタリアのAVIOSpA(以下、アヴィオ社)と、同社が打ち上げロケット用途に使用する炭素繊維トレカについて、最長2027年まで供給する長期契約を締結したことを発表した。

アヴィオ社はイタリアの航空宇宙関連企業で、アリアンスペース社が打ち上げ・運用する小型ヴェガロケットおよび大型アリアン5ロケットの主要部品の製造を担当している。東レは、現在フランスの現地子会社Toray Carbon Fibers Europe S.A.を通じて、アヴィオ社に高強度炭素繊維を供給しているが、今回の長期供給契約に基づき、新たに同社が開発に参画するアリアン6ロケットやヴェガCロケット等の次世代ロケットのモーターケース向けにも炭素繊維の供給を拡大するという。

近年、放送・通信、測位(GPS)、地球観測、防災などさまざまな分野での人工衛星の活用拡大に伴い、打ち上げ用ロケットの需要も年々増加している。打ち上げコスト削減および高性能化の要求から、今後ますます複合材の採用拡大が見込まれており、東レは高機能炭素繊維の更なる開発・供給を通じて、宇宙分野の拡大を推進する。
(田中省伍)

関連記事(外部サイト)