LINE、自撮りアプリ「B612」機能拡充へ、AR技術を提供するKudanと業務提携

LINE、自撮りアプリ「B612」機能拡充へ、AR技術を提供するKudanと業務提携

画像提供:マイナビニュース

拡張現実(AR)のコア技術であるコンピュータビジョン技術を提供するKudanとLINEが業務提携を行った。Kudanの技術提供を受け、LINEの自撮りカメラアプリ「B612」の最新機能であるARフィルターを拡充していく。

「B612」は2014年8月にサービスが開始され、世界累計ダウンロード数は3億件を超える無料のカメラアプリ。多彩なフィルターを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができる。アプリの一つの機能であるARフィルターは、カメラ越しに見えるいつもの風景を、一味違った写真や動画に加工できる。

Kudanは、独自開発のVisual SLAM技術をコアに、AR/MR/VR、IoT、ロボティクス向けに空間認識技術を提供している。Visual SLAM技術とは、デバイスの位置の認識と周囲の環境地図の作成をカメラの2次元画像のみで、瞬時かつ高精度に行える技術。さらにiOSやAndroidに対してクロスプラットフォームで、かつ専用デバイスにも依存しない。

今後、LINEはKudanと共に次世代のモバイルアプリケーションへと「B612」を進化させていくとしている。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)