「京」による台風全域の超高解像度シミュレーションか?風の微細構造を解明

「京」による台風全域の超高解像度シミュレーションか?風の微細構造を解明

画像提供:マイナビニュース

気象庁気象研究所は、スーハ?ーコンヒ?ュータ「京」によって台風全体を高分解能て?計算し、海上の台風の地表面付近、特に台風の最も風速か?強い領域における風の微細構造明らかにしたと発表した。

同研究は、気象庁気象研究所及び東京大学大気海洋研究所の伊藤純至、海洋研究開発機構の大泉伝、東京大学大気海洋研究所の新野宏らの研究グループによるもので、同研究成果は、6月19日付でSpringer Nature社出版の国際学術誌「Scientific Reports」誌に掲載された。

台風の暴風は、時間的・空間的に大きく変動する1km以下のスケールの微細構造を持ち、その微細構造による強風か?被害を大きくするが、観測の機会や高分解能な観測手段か?限られているため、微細構造は明らかになっていない。観測の不足を補うため、数値シミュレーションによる台風の再現結果を用いる研究か?期待されているが、台風に伴う微細構造を解像する高い分解能て?台風全体を覆うような計算は従来のコンヒ?ュータて?は不可能て?あった。同研究て?は、理化学研究所のスーハ?ーコンヒ?ュータ「京」を駆使し、広い計算領域と、現業予報よりもはるかに高分解能て?地表面付近の微細構造をも解像する「台風全域ラーシ?・エテ?ィ・シミュレーション(台風全域LES)」を実現し、台風の地表面付近における微細構造を明らかにした。

地表面付近の鉛直方向の速度をみると、水平方向に数100m〜数kmこ?とに、線状の上昇流域と下降流域か?交互に並んて?いる様子か?みられた。また、地表面付近には周期的なロール状の流れのハ?ターンか?みられ、台風中心からの距離によって、異なる特徴をもつ3種類のロール構造「タイフ?A:半径20kmより外側て?みられ、ロールの軸は周方向からやや内向き」、「タイフ?B:半径12km〜20kmの範囲て?みられ、ロールの軸は半径方向へ向く」、「タイフ?C:最大風速半径より内側の半径12km〜8kmの範囲にみられ、ロールの軸は周方向からやや外向き」に分類された。タイフ?Aロールは、既往研究て?もその存在か?予想されていたか?、タイフ?BとCは同研究て?初めて計算されたロール構造となる。

地表面付近て?台風中心へと吹き込む風は、壁雲に近つ?く上昇流に転し?る。その際、風速の高度分布には風速の極大か?形成されるか?、タイフ?Bはそのような風速分布か?原因となって生し?るロール構造と考えられる。タイフ?Cは壁雲の近くの接線方向の風速か?最大となる半径付近にた?け生し?ており、回転の効果か?著しく強い場合にのみ生し?る特殊な不安定現象か?発現したものと考えられる。タイフ?A、Bによる海面から壁雲への水蒸気の輸送は、台風の壁雲を構成する積乱雲の駆動源となる一方で、タイフ?Cの存在は地表面付近に限定されている。タイフ?Cて?は、下降流か?上空の大きな運動量を地表面付近に運ふ?ことにより、顕著な突風を引き起こしており、突風率の標準値よりもはるかに大きな値か?局所的に生し?ていた。

以上のように、本研究て?行った台風全域LESにより、これまて?ほとんと?未解明て?あった、台風の中心に比較的近い領域の地表面付近に存在する微細構造の特徴と生成機構か?明らかになった。今回得られた結果は、台風の地表面付近の未知の物理過程を明らかにするという学術的な貢献に加えて、地表面付近て?起こりうる突風に関する防災上重要な情報を与え、また、数値予報モテ?ルて?台風の強度をよりよく予報するための有用な情報を与えるという。観測技術の向上により、同研究によって新たに存在か?示唆された2種類のロール構造について、今後、存在か?確認されることが期待されるということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)