モーデック「RODEM」新版、画像化されたグラフを自動で数値化する新機能

モーデック「RODEM」新版、画像化されたグラフを自動で数値化する新機能

画像提供:マイナビニュース

モーデックは6月21日、PDF形式や紙媒体に印刷されたグラフを、高精度の数値情報に自動変換するソフトウェア「RODEM」(旧名:RODEM-G)の最新バージョン2.0をリリースしたと発表した。

従来、PDF化されたグラフや、紙に印刷されたグラフは画像データとしての扱いしかできず、ユーザーが自ら数値解析や分析をするためには、機能が限定された既存の類似ソフトウェアを利用するか、手作業で定規などのツールを使って目視で数値を推量する方法しかない、という不便な状況だった。

「RODEM」は、独自開発した「AIプロット機能」により、グラフの1点をワンクリックするだけで、グラフ線全体を認識し、高速かつ高精度にグラフ画像を数値情報に変換するユーティリティソフトウェア。従来の類似ソフトウェアに少なかった、グラフ軸の自動認識機能や、1つのグラフ領域に複数の線がある場合の数値変換にも対応し、「画像データのグラフを数値化したい」というニーズに答えている。

新版では、新機能として、読み込んだグラフ画像と取得した数値情報をセットで管理する機能を追加。複数グラフの情報を一元管理でき、取得済みデータの確認や再取得が容易になった。

また、ディスプレイ上の任意の範囲をキャプチャする機能により、PDFやWEB画面上のグラフをそのまま読み込めるようにな画面キャプチャ機能を拡充させた。

提供価格(税別)は、3カ月タイムライセンスが1万2800円、12カ月タイムライセンスが4万9800円、永久ライセンスが19万8000円。
(山本明日美)

関連記事(外部サイト)