AMD、データセンターサーバ向けプロセッサ「EPYC」を正式発表

AMD、データセンターサーバ向けプロセッサ「EPYC」を正式発表

画像提供:マイナビニュース

AMDは6月20日(米国時間)、高性能データセンターサーバ向けプロセッサ「AMD EPYC 7000シリーズ」を発表した。

また、これに併せてHPE、Dell、Asus、Gigabyte、Inventec、Lenovo、Sugon、Supermicro、Tyan、Wistronが搭載製品を発表したほか、主要なサーバー・ハードウェア・エコシステム・パートナーであるMellanox、Samsung Electronics、およびXilinx、ならびにサーバOSプロバイダのMicrosoft、Red Hat、VMwareがプラットフォームの最適化などを表明している。

なお、同シリーズは、1ソケット向けに3製品、2ソケット向けに9製品の合計12製品が予定されており、AMDの最新世代アーキテクチャ「ZEN」をベースとしており、最大32コア、最大2666MHzに対応した8チャネルのDDR4メモリ(1CPUあたり最大2TBまでサポート)、128レーンのPCI Express Gen3といった性能が提供される。

関連記事(外部サイト)