ヤフーが取り組むアクセシビリティとは

ヤフーが取り組むアクセシビリティとは

画像提供:マイナビニュース

●視覚障がい者をテストユーザーにアクセシビリティを検証
「アクセシビリティ」。IT業界に携わっているのであれば、聞いたことがある言葉ではないだろうか。今回、ヤフーが3月に東北の復興活動をつなげることを目的に「Search for 3.11」をはじめとした「3.11応援企画」を実施した。そのページにおいて障がい当事者である日本視覚障害者ICTネットワークの中根雅文氏をテストユーザーとして特集ページを閲覧してもらい、アクセシビリティの検証について取材したので、その模様をお届けする。

アクセシビリティとは、英語ではAccessibility、近づきやすさ、利用のしやすさ、便利であることなどと訳され、一般的には利用者が機器・サービスを円滑に利用できる場合に使われており、昨今では高齢者や障がいの有無などにかかわらず、すべての人が容易に開かれた情報通信の世界へアクセスできる情報通信アクセシビリティが求められている(出展:情報通信アクセス協議会)。例えば、Webアクセシビリティには音声による読み上げへの対応などが含まれる。

中根氏自身は、AccSellというポッドキャストやメールマガジンを主なコンテンツとした、アクセシビリティに関する情報サイトを運営している。

○音声・点字化し、Webページを読み取る

今回の検証は、ヤフーが2014年から取り組む東日本大震災の被災者や各団体に対して、ユーザーから募った寄付金を寄付する3.11応援企画ページを活用し、サイトのアクセシビリティ対応に伴う課題などの洗い出しを行った。検証自体はヤフー社内の会議室で行い、検証手法はPCとスマートフォンそれぞれでページを操作し、思考発話法を用いて音声読み上げ環境でのユーザビリティについて都度、発言してもらう形とした。

テスト内容は、(1)該当ページの目的や意図をページから読み取る、(2)「寄付は応援になる。」というメニューから寄付先の概要を理解し、ヤフー・基金に進む、(3)「オークションは応援になる。」というメニューからピックアップオークションとチャリティオークションに進む、の3つ。事前にツールによる機械的な検証を行い、さらに目視による検証を行った上で、中根氏にテストを実施してもらった。

中根氏は主に音声読み上げを使い、補助機器として点字ディスプレイを使用。点字ディスプレイはパソコンやスマートフォンにBluetooth、USBで接続ができるようになっており、カーソルの場所が表示され、スクリーンリーダーと呼ばれるソフトウェアにより、OS全体を音声・点字化する。中根氏の場合はスクリーンリーダーで、Firefox上に表示されるものを音声・点字化している。

●ユーザーテストで得られた4つの気づき
○テストを行わなければ得られなかったものとは

結果として、(1)と(2)は時間を要したものの達成し、(3)に関してはオークション側のサイトへ行くことはできたが、その先に進めなかったという。Webのアクセシビリティは、ガイドラインに沿った対応をすることが多いが、実際に対応していたとしてもユーザーテストを行うことで気付かなかった知見や課題が多くあることを確認した。

その中でテストから4つの気付きを得た。それは何か、この点についてヤフー マーケティングソリューションズカンパニー デザイン戦略室 アクセシビリティ 黒帯の中野信氏が説明した。

1つ目は、音声読み上げの機能を使うユーザーは、最初に見出しだけを読んでページの概要を読み取ろうとすることだ。該当のページは、見出しによりページが文脈的に正しく構造化されていなかったため、コンテンツの関連付けの理解や、見出しに入っている文言が曖昧なため時間を要した。

2つ目は、ページの内容が端的にわかる情報が一番最初の見出しの下にない場合、読み飛ばしてしまうことだという。これは一般的にページの情報構造は見出し→段落となっていることが多く、ページの最初の見出し要素の直後にページ概要が書かれていることが多い。しかし、Search for 3.11のページではページ最初の見出し要素とページ概要の間に多くの画像が入っていて、かつ、ページ概要の直前に見出し要素がなかったため、見つけるまでに多くの時間を要した。

3つ目は「『買う』で支援」というボタン文言から遷移先が想像できないため押せないこと、4つ目は画像に画像の代替となるimg要素のalt属性に情報ないことは、情報を一切提供していないことと等しいということだった。

これらの結果から、ツールによる検証は実施していたとしても、各ページの役割や意図を考慮した上で情報構造を設計し、画像・動画に意味が分かる代替テキストを付けないと伝わらない、と結論付けている。

また、中根氏はボタン文言から遷移先が分からないため押せないことに関して「分からないと言うよりも、複数のボタンやリンクで自分が求めているものに辿り着く可能性が高いのはどれか、という探し方の中で優先順位が高くならないものだった。また、買うで支援のボタンが複数カ所にあったため、優先順位を高くするためには1カ所にするべきだった。元々提示されているフレーズよりも一段階、具体性を増したテキスト、例えばチャリティーオークションで購入などであれば良かったのではないだろうか」と指摘している。

なお、特集ページではヤフー・検索で3.11と検索すると1人につき、10円の寄付をヤフーが行うSearch for 3.11やチャリティオークションなど、さまざまな企画を実施し、寄付金額としては総額約1億円となった。

●社会的な意義を踏まえた今後の展開
○課題は多いが、収穫も多い

ヤフー マーケティング&コミュニケーション本部 クリエイティブ推進部 デザイナーの北門一人氏は「音声読み上げを利用すると、HTMLの構造で実装時には気づかなかった課題が多く存在した。来年は、より完全な状態に近づけたものを構築し、以降も継続的に進めていく。また、特集に限らず、ほかのサービスへの展開も検討しており、検証を重ねつつ取り組む」と、期待を込める。

今回の検証について中野氏は「アクセシビリティは本来、サイトの品質基準の中で取り組まなければならないが、そこに着目した結果、一定の改善が見られた。また、例えばメニューボタンには『近日公開』と記載されていたが、ボタンには代替テキスト情報が付与されていなかったため分からないということがあった。何回にもわたり、更新していくページを構築する際には、代替テキストの更新が見落としがちであることを見つけることができた」と話す。

さらに「HTMLでWebページを作成する際に、見出しやリストといった要素でページの構造をマークアップするが、ページの構造がどのような形で使われるか作成者がイメージできていないケースがある。そのため、ページの構造化を行っているものの、読み上げると適切ではないこともあり、作成者側の課題である。また、アクセシビリティとユーザビリティを高めることは違う要素ではあるものの、オーバーラップしている部分もある。アクセシビリティを高めることが、ユーザビリティを高めることにもつながえる場合がある」と、同氏は読み解いていた。

○支援される側から支援する側へ

一方で、視覚障がい者はWebページを閲覧する際に、ある程度ITの知識が必要となることも事実だ。その点に関して中根氏は「例えば、HTMLに見出しを表現する仕組みがあることを知っているのか、知らないのかでは違いがある。そのため、視覚障がい者がインターネットなどを使う際に最低限必要となる知識を明確化することに取り組まなければならない。技術的知識を持つ視覚障がい者を中心に組織化し、情報提供やニュースサイトの利便性を技術的な観点から取りまとめた要望を運営会社などに提出していきたいと考えており、教育・啓発活動にも取り組めるようにしていく」と、今後の展望を述べた。

そして、同氏は今回の検証を通じ、特に感じたこととして「ともすると社会的に障がい者は支援の対象であり、支援する側に回れないと考えている人が多いが、特集ページを閲覧することで積極的に障がい者が参加できる環境があることが、社会の多様性を考えた場合に大きな意味があった」と、最後に締めくくった。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)