ALBERT、渋谷区の子育て支援LINEサービスにAIチャットボット提供

ALBERT、渋谷区の子育て支援LINEサービスにAIチャットボット提供

画像提供:マイナビニュース

ALBERTは、渋谷区LINE公式アカウントに、新たなコミュニケーションツールとしてチャットボット型接客ツール「Proactive AI」を提供し、AIを活用した自動応答サービスの実証試験を2017年7月末に行う。

渋谷区は、子育て支援施策の基本理念「産みやすく、育てやすく、預けやすい まち 渋谷」の実現に向け、子ども・子育て支援施策の推進を図っている。その一環で、今年2月15日からはLINE公式アカウントを開設し、子どもの年齢や居住地域に合わせて、妊産婦や子育て世代に向けた子育てに関する様々な情報をOne to Oneコミュニケーションで提供できる仕組みを展開している。

今回、One to Oneコミュニケーションの強化による利便性の向上を目指し、AIを活用した自動応答サービスの実証試験を7月末頃に開始する。ALBERTはLINE上で利用できるチャットボット型接客ツール「Proactive AI」を提供し、LINEからの子育てに関する個々の問い合わせにリアルタイムで回答できる自動応答サービスの実現に向けた検証を行う。

「Proactive AI」は、自然言語での問い合わせ自動応答や商品検索機能を搭載した、チャットボット型の接客ツール。今回の取り組みでは、LINEビジネスコネクトパートナーが提供するメッセージ管理ソリューションと連係し、LINEビジネスコネクトからのユーザーの問い合わせに自動で応答する。今後は、問い合わせ内容に対して回答できる内容を充実させるとともに、子育て分野以外でもAIを活用したOne to Oneコミュニケーションを拡大していく予定だ。

ALBERTはこれからも「Proactive AI」を行政・自治体向けに提供し、ユーザーコミュニケーションの効率化と満足度向上を推進していくとしている。
(瀬尾俊輔)

関連記事(外部サイト)