DeNA、AIを活用したタクシー配車アプリの実用実験を今夏に開始

DeNA、AIを活用したタクシー配車アプリの実用実験を今夏に開始

画像提供:マイナビニュース

DeNAは6月23日、AIを活用したタクシー配車アプリ(iOS端末向けのみ)を今夏にテスト配信し、約2カ月間の実用実験を行うことを発表した。

同アプリは対応する乗務員専用端末とセットでタクシーの配車をスムーズに行うサービス。乗客はアプリで予想到着時間を事前に確認したうえで、指定の場所へタクシーの配車依頼を行うことができる。乗客と乗務員が効率よく出会えるように、互いの現在地位を確認する機能や定型メッセージを送る機能も搭載した。周辺を走行中のタクシーを可視化して表示できるので、空車走行中のタクシーを簡単に把握することも可能だ。

また、同サービスにはAIを活用した「需要予測時ステム」を導入。運行中の車両から収集するビッグデータとタクシー需要に関連する各種データを解析したタクシー需要予測情報が、リアルタイムで乗務員へ提供される。

なお、同実験は横浜市と神奈川県タクシー協会の下で行われる。実証エリアは横浜市中区、西区、および東神奈川駅〜長津田駅のJR横浜線沿線周辺を予定。専用端末を搭載したタクシーは約100台走行するという。

今回の実験を通じて同社は、サービスの課題を明らかにし、実用性の高い設計へつなげていく予定。将来的には、タクシー車両と乗客のマッチングを効率化し、乗りたいときに早くタクシーを見つけられる環境の構築と、タクシー乗務員の労働力不足への課題解決に貢献するとしている。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)