あなぶきハウジングとNECソリューションイノベータ、ICTで地域活性化

あなぶきハウジングとNECソリューションイノベータ、ICTで地域活性化

画像提供:マイナビニュース

あなぶきハウジングサービスとNECソリューションイノベータは6月26日、『地域の安心安全・住みやすい街づくりの実現に向けて、地域のつながりと活性化を支援するプラットフォーム』の実証実験を開始すると発表した。

NECグループの顔認証技術を含むICTを活用した管理システムを、マンション生活学習館「あなぶきPMアカデミー」および、あなぶきグループ所有の賃貸物件に導入し、地域の安心安全と住民の生活向上を目指したつながりを支援するプラットフォームに関する検証を行う。

具体的には、顔認証技術・AI活用によるマンションおよび周辺地域の管理、見守り機能の提供、利用者に合わせた地域情報・広告機能の提供、マンション住民や地域住民への住環境に関する新サービス提供のプラットフォームの実効性を検証する。事前登録した顔データをもとに物件に設置した防犯カメラで入退館の制御を行い、年齢や家族構成に応じた情報をサイネージに表示する。また、行政と連携することで、不審者情報などの注意喚起や、認知症の徘徊に関する情報共有などを目指すとしている。実施期間は6月26日〜7月31日。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)