日本科学未来館の常設展に新展示 - 運動のカルチャー化、人間らしい「機械」など

日本科学未来館の常設展に新展示 - 運動のカルチャー化、人間らしい「機械」など

画像提供:マイナビニュース

●石黒教授らが監修の機械人間「オルタ(Alter)」
東京・お台場の日本科学未来館が6月22日から常設展に新たに4つの展示をオープンした。同日、報道関係者向けの内覧会が行われた。

常設展は同館の3階と5階に設けられている。"未来をつくる"、"世界をさぐる"、"地球とつながる"の3つのゾーンに分かれ、それぞれ第一線で活躍する科学者や技術者の監修のもと展示物が制作されている。

○インターネットを「物理で表現」する展示、リニューアル

今回新たに設置された展示のテーマは4つ。"IoT"をテーマにした「インターネット物理モデル」は、慶應義塾大学環境情報学部学部長・教授の村井純氏らが監修した展示で、2001年の開館当初からある人気展示がリニューアルされた。人や情報のみならず、モノや環境、サービスなどともつながるようになったインターネットの昨今の状況を反映した、インターネットの仕組みが構造物で表現されている。

来場者は0と1のデジタル信号を見立てた白と黒のボールがさまざまな中継装置を通して送り届けられる様子を実際に目で見ることを通してインターネットの概念やIPネットワークの仕組みを理解できるようになっている。

○石黒教授らが監修の機械人間「オルタ(Alter)」

"機械人間"がテーマの展示では、大阪大学大学院基礎工学研究科教授の石黒浩氏と東京大学大学院総合文化研究科教授の池上高志氏らが監修にあたった「機械人間『オルタ(Alter)』」を紹介。以前から「アンドロイド 人間って、なんだ?」をテーマに展示されていた「オトナロイド」の横に新たに追加された。機械がむき出しになった姿だが、複雑な動きを表現するロボットだ。

生命らしさを「人間の想像力によって見出される」と考える石黒教授と、「基本原理から立ち現れるもの」と考える池上教授の研究室の協業で生まれたもので、人間そっくりな見た目のロボットと、機械むき出しながらセンサーで周囲の人の動きを読み取り、生物の神経回路を模したプログラムで複雑な動きをするロボットとの対比によって、人間らしさを問いかけることを目的としたユニークな展示となっている。

●運動のカルチャー化を目指す体験型展示
○運動のカルチャー化を目指す体験型展示

"ヘルスイノベーション"がテーマの「アクティブでいこう! ものぐさ→アスリート化計画」は、情報科学技術による表現の可能性を探る研究を定期的に紹介するコーナー「メディアラボ」の第18期の展示で、設置期間は11月22日まで。立命館大学スポーツ健康科学部学部長・教授の伊坂忠夫氏による出展だ。

リーダーを務める立命館大学を中核に、13の大学や企業などにより構成する「アクティブ・フォー・オール拠点」で研究・開発中の技術の中から、日々の暮らしの中で人々が運動をしたくなるようなカルチャー化を目指した大きく分けて3つの取り組みが紹介されている。

1つ目がスマート・センシングウェア「心衣(こころも)」。体温・発汗・血圧・心拍数・関節角度などの生体情報を取得するセンサーを組み込んだシャツで、データをもとにしてアドバイスを送り、過重労働を防ぐなどさまざまな実用的な展開が考えられている。
2つ目が「空間シェアリング技術」と呼ばれるもので、指向性が高く届く領域を制御しやすい超音波の特性を応用した3種類の特殊スピーカーを展示している。

3つ目は「おえかきんでん」。筋肉から発せられる微弱な電気信号を読み取るセンサーを腕に装着し、そのデータに基づき生成される音やグラフィックによる表現をゲーム感覚で楽しむことができるという体験型のインタラクティブ展示だ。

○金星探査の最新動向を展示に

5階に常設されている、太陽系や宇宙、地球の深部など未知の地帯への研究活動を紹介する「フロンティアラボ」内にも、「金星探査機『あかつき』の挑戦」と題した"金星探査"をテーマにした展示が新設された。2015年12月に日本初の惑星周回衛星となった金星探査機「あかつき」の5分の1模型やリチウムイオン電池など実際に搭載されている装置の同等品、最新の研究成果が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所教授の中村正人氏らの監修のもと紹介されている。

新常設展示の公開に先駆け、関係者や監修者が列席したレセプションも開催された。冒頭に登壇した日本科学未来館・館長の毛利衛氏は「"不易流行"を大事にしている未来館では、不易=変わらないものとして、例えば若い人たちが研究者に対して憧れを抱いてそれを目指す気持ちを持ってもらうために、研究者の顔が見えることを開館時から大事にしている。一方、流行ということでは、情報通信やロボット、宇宙開発といったさまざまな最前線の研究を科学コミュニケーションによって一般の方々が出会えること。未来館の活動は、地球上に100億人の豊かな世界をつくるために科学コミュニケーションの分野で世界の科学館の中心拠点になるという2020年に向けた未来館のビジョンにすべて基づいている。今回の常設展の新設もそのステップのひとつです」と挨拶した。
(神野恵美)