飲食店向けマルチ決済サービス「ぐるなびPay」の提供を開始

飲食店向けマルチ決済サービス「ぐるなびPay」の提供を開始

画像提供:マイナビニュース

飲食情報サイトを運営するぐるなびと、スマートフォンなどを使った決済サービスを展開するコイニーは6月26日、業務提携を結びマルチ決済サービス「ぐるなびPay」を提供開始すると発表した。

同サービスは、飲食店へ販促以外の業務支援を行うモバイルPOSレジシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」と連携するマルチ決済サービス。スマートフォン・タブレット端末を使ってクレジットカード決済を利用可能にする「Coineyターミナル」や、WeChat Payに対応した「Coineyスキャン」と連携させることで、注文入力からクレジットカード決済/WeChat Pay決済までをスムーズに行えるようになる。

また、売上や客単価、注文点数、注文商品を席単位での分析などに加えて、勤怠・シフトの管理なども行うことができるので、飲食店における"お店づくりのスマートシフト"を同時に推進するという。

今後は電子マネーやビットコイン、ぐるなびスーパーポイントなど、通貨の種類を拡大していく予定。
(安川幸利)

関連記事(外部サイト)