金沢大、4K映像伝送による血管内治療における遠隔医療指導の実証実験を実施

金沢大、4K映像伝送による血管内治療における遠隔医療指導の実証実験を実施

画像提供:マイナビニュース

金沢大学は、芳珠記念病院、EIZO、PFUビジネスフォアランナーと共同で、遠隔地の病院間で4K映像伝送を用いた、血管内治療における遠隔医療指導の実証実験を実施したことを発表した。

カテーテル治療などの血管内治療は、患者の身体に負担が少なく効果も期待できる治療法だが、高度な専門的知識と医療技術を必要とする。そのため、高難度の治療においては熟練した専門医の確認のもとでの施術が望まれるが、そうした体制で実施できる施設は少ない。

金沢大学,EIZO,PFU ビジネスフォアランナーは,2015年に共同研究契約を締結し,遠隔医療指導システムの実現を目指して,金沢大学附属病院内おいて10件の臨床実験を行い有効性の検証を進めてきました。

金沢大学とEIZO、PFUビジネスフォアランナーは2015年に共同研究契約を締結し、遠隔医療指導システムの実現を目指して、金沢大学附属病院内おいて10件の臨床実験を行い有効性の検証を進めてきた。

6月16日、指導側の金沢大学附属病院と施術側の芳珠記念病院を結び、遠隔地の病院間で実証実験を行った。金沢大学附属病院の医局と芳珠記念病院の血管造影室を高速IPネットワークでつなぎ、2時間におよぶ血管内治療「選択的肝動脈化学塞栓療法」の指導を行った結果、遠隔地からでも施術が行われている血管造影室にいるかのような臨場感で、術中の指導が可能であり、同システムの有効性を確認することができたという。

今後は、実運用に向けた医療現場での運用評価を進め、遠隔医療指導システムの普及による、以下の効果を享受できる社会を目指していくということだ。
(早川厚志)

関連記事(外部サイト)