昆布の主成分を利用できる酵母の作出に成功-海洋バイオマス資源活用へ期待

昆布の主成分を利用できる酵母の作出に成功-海洋バイオマス資源活用へ期待

画像提供:マイナビニュース

京都大学は、海洋ハ?イオマス資源に多く含まれるアルキ?ン酸モノマーと単糖のマンニトールを利用て?きるように代謝改変した出芽酵母か?、と?のようにしてアルキ?ン酸モノマーの代謝能を向上させるのか、その分子メカニス?ムの一端を明らかにしたと発表した。

同研究は、京都大学農学研究科の松岡史也(修士課程学生)、河井重幸助教、橋本渉教授、摂南大学理工学部の村田幸作教授(京都大学名誉教授)らの研究ク?ルーフ?によるもので、同研究成果は6月23日、英国の学術誌「Scientific Reports」に掲載された。

出芽酵母(ハ?ン酵母)は、強力な発酵能を示す安全な食品微生物であり、米国やフ?ラシ?ルて?はトウモロコシやサトウキヒ?からの大規模ハ?イオエタノールの生産にも出芽酵母か?利用されている。日本は、米国やフ?ラシ?ルほと?トウモロコシもサトウキヒ?も生産て?きないものの、広大な管轄海域に恵まれており、潜在的には大量の国産海洋ハ?イオマス(大型褐藻)の生産か?可能である 。そこて?、藻場という大群落を形成するコンフ?なと?の大型褐藻を発酵させることて?、有用化合物を生産するという着想か?生まれるが、酵母は褐藻の主成分アルキ?ン酸とマンニトールを利用て?きないという問題か?あった。

同研究チームは、高分子アルキ?ン酸のモノマー体の代謝に必要な遺伝子と、マンニトール代謝に必要な遺伝子を2種類の出芽酵母のケ?ノムDNAに組み込んた?。それた?けて?はアルキ?ン酸モノマーの代謝能は不十分だったか?、適応進化(アルキ?ン酸モノマーを含む培地て?〜160世代、〜30回の継代培養をする)により両酵母のアルキ?ン酸モノマー代謝能の向上に成功。すなわち、アルキ?ン酸モノマーとマンニトールを利用て?きる酵母の作出に成功した。

しかし今回の研究結果では、代謝能か?向上するメカニス?ムは不明て?あり、このメカニス?ムか?明らかになれは?、アルキ?ン酸モノマーとマンニトールを利用て?きる代謝改変出芽酵母を構築する上て?極めて有用な情報となるという。今後は、今回得られた知見を基に、代替カ?ソリン(イソフ?タノール)や合成コ?ム原料(2,3-フ?タンシ?オール)合成系も組み込むことにより、酵母発酵による国産海洋ハ?イオマス資源からの代替カ?ソリンや合成コ?ム原料等の有用化合物生産の実用化を目指す。これにより石油資源への依存度を下け?ると共に、水産業の新興、更には管轄海域の保全にも寄与て?きると期待されるということだ。
(シマダマヨ)

関連記事(外部サイト)