レノボ、リモート管理機能を標準搭載した新サーバを販売開始

レノボ、リモート管理機能を標準搭載した新サーバを販売開始

画像提供:マイナビニュース

レノボ・ジャパンは6月27日、中小規模ビジネスやリモートオフィス、店舗サーバに適した「Lenovo ThinkServer TS460」「Lenovo ThinkServer RS160」の販売を開始した。価格は、いずれも税別でLenovo ThinkServer TS460が15万2000円〜、Lenovo ThinkServer RS160が10万8000円〜。

両モデルは、インテル Xeon プロセッサ E3−1200 V6製品ファミリーを含む最新世代のプロセッサに加え、ハードウェアのリモート管理機能であるThinkServer Management Module(TMM)を搭載し、サーバ画面の遠隔操作、遠隔地からのファームウェア更新などを可能としている。

ハイエンドモデルのLenovo ThinkServer TS460は最大80TB搭載可能な1ソケット4Uタワー型サーバで、システムの機動性を高める最大64GB(DDR4 ECC)メモリを搭載でき、コンパクトな筐体ながらも柔軟な拡張性に優れているという。また、最大8個の3.5型または最大16個の2.5型、あるいは最大4個の3.5型と最大8個の2.5型のストレージ・ベイが搭載でき、静音設計のためデスクサイドやオフィス内など限られたスペースに設置が可能。

一方、最軽量モデルのLenovo ThinkServer RS160は1Uラック型サーバとなり、最大64GBのDDR4メモリ、最大16TBの内部ストレージ、32GBのM.2 ドライブをサポート。設置場所を選ばず、優れた拡張性に加え、ビジネスの成長に合わせて既存のIT基盤への追加による統合管理を容易にするだけでなく、単体で分散環境に設置するサーバとしても活用できるという。
(岩井 健太)

関連記事(外部サイト)